不食尼(ふじきに)

昔、三河国巨海村(現在の愛知県西尾市)の長寿寺の尼僧が、二〇年間も断食修行をしていて人々から信仰を集め、評判になっていたそうです。

この長寿寺は、中世からの国司、西條吉良氏の由縁の寺で、現在でこそ廃寺となっていますが、かつては天祥山長寿寺という荘厳な大寺院でした。

江戸時代の医師、橘南谿が記した『諸国奇談東遊記』(寛政7年1795年版)に、この不食話を聞いた彼の友人、百井塘雨(ももいとうう)が旅の途中に、わざわざその地に逗留して調べたあげた内容が載っています。

塘雨が実際にその尼僧に会い、また近所の人達から聞き出した話は、下記のようでした。

 ・名を「安昌」
 ・不食無渇、不食不飢、不屎不尿
 ・外観は、顔色がやや青白く、小太り。
 ・言葉はややどもる感じ。
 ・十四歳のころから少食。
 ・十六歳で同じ村に嫁いだが、病身の為、離縁となり、尼となって寺の庵に住む。
 ・尼になったときは、2~3回/月少し食べるだけであった。
 ・さらにその後は、1回/月、少し食べるだけと不食が進んだ。
 ・ここ数年はずっと食べていない。時々わずかの湯を飲むだけ。
 ・信州の善光寺まで歩いて参詣したが、その間数十日も食べなかった。
 ・お上に咎められたが、結局、食事を受け付けない病として許された。

これらの話から、「これは病のせいで、べつだん尊いことでもない」と塘雨は結論付けています。

ウーム、食べないで生きているだけでもスゴイことなのに、どうしてこんな結論が出てしまうのか、ヤッズ★はこの塘雨の考え方を不思議に感じます。

昔は、大人1人1日の基礎代謝に必要なカロリーという概念がないので、こんな結論になってしまったんでしょうね。今なら充分研究対象になると思うのですが。

今、日本でも不食者はいるのに、あまり研究の対象とされていないのは何故でしょうか? 

日本の学会の保守性? 食品産業の陰謀?

ちなみに、この尼僧は、明和3年(1767年)に43歳で亡くなったそうです。

人は食べなくても生きられる 人は食べなくても生きられる
山田 鷹夫 (2004/10)
三五館

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』絶賛発売中!(大嘘)

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ぼんのう

ブログ内検索

リンク