太陽を食べる

食べ物を食べないで生き続ける男がインドにいるそうです。

彼は少量の水分補給以外、朝夕じっと太陽を凝視(Sungazing)するだけで8年間以上生活しているとのことです。まさに太陽を食べる男です。

太陽を食べる男

世界には彼のような不食の人が3000人ほどいるそうで、この前TVでは、彼(太陽を食べる)と日本女性(青汁のみ)とロシア女性(土を食べる)が紹介されていました。

ロシア女性のように土を食べてまで生きたくはないですが(笑)、人間にはこのような能力までそなわっているかと思うと、本当に驚嘆します。

あるいは「神との対話」でも述べられているように、「現実は虚構で幻のようなものである」からこそ、このようなことが可能なのではとも思えます。

いづれにしろ、これらの事実から「現実って一体...、人間って一体...」と考えさせられた一件です。

■太陽を食べる男 NASAが研究へ
■人は不食で生きられるか
■ジャムパンだけで11年間生きている少年(英)

この不食はエンゲル係数の高い我が家にとって、究極の武器になるかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』絶賛発売中!(大嘘)

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ぼんのう

ブログ内検索

リンク