「23の男」爆誕2(爆)

さて前回のつづきの話です。

新年を迎え、我が愛車プレマシーの快適な車中泊仕様もほぼ完成し、次のステップとして大陸から取り寄せたシートカバー、ステアリングカバー、意味不明なステッカー..等でプチドレスアップを始めたのだす。

このような中、家の外壁塗装が経年劣化していたので塗り直し工事を始めた。もともとは緑色の塗装だったのですが、今度は黒塗装。最初はオール白を考えていたのだが、Jr.の「白は宗教ぽいから嫌だ」の一言で撤回し、次案の黒にしたという次第。

白のどこが宗教的なのかと、、、(ブツブツ)

最初はつや消しブラックを考えていたのですが、つや有ブラックの方が耐久性があるとの塗装屋の意見を聞き、その場で「つや有ブラック」に変更。全面黒色だと重過ぎる為に窓枠と四隅のコーナー部だけは白塗装にしている。

塗装もほぼ完成に近づき、周囲の囲いを取り外した姿を初めて目にした時、破風板と四隅のコーナー部の白の組み合わせが天に向かう二重矢印のようにも見え、まるで「地から天に向かうベクトル」のようでもある。風水を考慮して作られた香港の上海香港銀行本店ビルは上に向かう矢印でデザインされていますが、それに勝るとも劣らない力強さ(爆)。

またつや有ブラックは漆黒のピアノ・ブラックのように重々しく荘厳さを醸し出し、また凛とした佇まいをしている。(絶賛自画自賛中)

こりゃ、松本城のようにも見えるな~ ちっちゃいけれど、、、(超爆)

で、その時に受けた第一印象は、、、、

地の深いところにいた黒龍が、天に向かって怒涛の勢いで出撃という感じ!!!

blackdragon369.png

う~む、オイラがするコマネチ神業での呼び起こしが成就したか~っwwww

は川の流れ、マグマの流れ、風の流れ...等、自然界で蠢くエネルギーを視覚化したものだといわれています。特に黒龍の場合、「闇」を想起させることからネガティブなイメージで語られることが多く「破壊」と「再生」を司るともいわれますが、実は黒龍は本当は「宇宙」を司っていて「宇宙龍」と呼ぶ人もいます。

宇宙龍はキングギドラのような感じか?

KING DORAGON

黒龍は宇宙間を流れるビルケランド電流がその正体ではないかとオイラは睨んでいるのだが、、、(ニヤリ)。
ビルケランド電流…宇宙空間から地球に向かって流れ込む電流。宇宙空間にはフィラメント構造が存在し、そのフィラメントと内部を流れる電流を指す。太陽フレア、オーロラ、太陽系、星雲、銀河の形成、宇宙の大規模構造などを生成させた要素だと考えられている。

ビルケラント電流

う~む、我が家のこの雄姿、、、これを「22倍速で願いが叶う」という触れ込みでスマホ待受け画像として売り出せば意外と儲かるのではないかと、、、(爆) 「3倍速で願いを叶えるタイのピンクのガネーシャ」よりも遥かに強力だす。

うほっ、妄想が止まらないwww

だがしかし、そんな喜びも2月中旬の朝、通勤途上で交通事故にあって打ち砕かれてしまったのです。といっても家のスグ近くの生活道路上の見通しの悪いT路地でのちょっとした衝突事故なのですが、それでも衝撃でバンパーが2つに割れてしまった。相手側は優先道路だった為に85:15の比率でオイラの過失で決着。で、保険使って修理となったわけですが、割れたバンパー&歪んだフェンダーを修理するよりも廃車にして買い直した方が良いとのことで、まだまだ走れるのにあっけなく廃車が決定。

やっと車中泊仕様が完成して、これからといところなのに、、、、(号泣)

次の車は馴染みの車屋に頼んで名古屋の車オークションで探すことにした。プレマシーはけっこう気に入っていたので、次もプレマシーにしようと思い出品されている車の中から狙いの車を数点絞り出し、本命をなんとか落札してゲット!!!

それは、、、紫色(ダークプラムマイカ)のプレマシー

うんうん、モデル(型)も新しくなり、年式も、走行距離も、前より若返ったwww リヤ自動スライドドア、7人乗りのミニバン、ナビ&テレビも付いて快適度アップだす~

それ以外にもこのようなメリットがあった。

7人乗りに関してですが、実は今年の春休みに弟一家と一緒に家族旅行にく話が出ていて、その場合、実家の母と姉をオイラの車に乗せなければならなくなった。しかし、バリバリの車中泊仕様にしていた為、後席に座ると頭が天井に作った棚に当たってしまい、この状態で5人乗車は無理なので棚をいったん外すか、あるいはもう少しRr側にズラすか、、、いづれにしろなんとかしないという状況でした。しかし、天井棚もない7人乗りの車となったことでこの問題は即座にクリアされたのです。まぁ、昨今のコロナ騒動で家族旅行自体が棚上げ状態になってしまいましたが、、、

さらにこういったこともあった。家の近くに小奇麗な外科&リハビリクリニックが出来たのですが、「あぁ、一回あそこに行ってリハビリしてみたい、、、」と通勤途上で見かけるたびに何回か思ったのですが、今回の事故で自覚はないが軽度のムチ打ち症を懸念して一度見てもらうために医院を訪れた。その後も毎週リハビリという名の整体マッサージを受けている。通院故に自賠責側から通院一時金が出る為、3年間保険料が若干上がるが、それを差し引いても若干のプラス状態。そしてこのプラス余剰金額がオイラが中華時計、中華指輪、中華万年筆、中華キャンプグッズの沼に嵌り、小遣いを「前借り」して背負った負債額とほぼ同額であり、チャラ化に成功。カミサンから毎度毎度「金返せ~」と言われていましたが、今後はこれもなくなる。

すべての願望が思ってもいない形で一挙解決

これが引き寄せの法則でいうところの自分が考えた解決法に拘ることなく「宇宙にお任せする」ということなのか、、、まさに「22倍速で願いが叶った」という状況であった。

この劇的な体験により、オイラは黒龍信者となり、ブログデザインを黒龍にしたというわけなのです。 

そして持っていた龍の指輪を黒塗装して黒龍化。さらに中華黒龍時計、中華黒龍万年筆、中華黒龍黒曜石ペンダントを記念にポチっとな、、、、沼から全然抜け出せていないwww

そういえば、少し前にはスピでは龍ブームがあり、「龍使いになる本」とかが出ていましたが、このポチっとな、、、した商品を手にすれば文字通りオイラは「黒龍使い」となる(爆)。

ただ黒龍といっても黒龍会ではありませんぞ!黒龍会とはウバイド=倭国のオーナーである天神系(客家)天皇直属のカラス集団、旧黒田藩士が主体となった「玄洋社」の海外工作機関。昔から客家(天神系)交易の窓口は九州の平戸藩や黒田藩であったというわけです。同様に天神系の指令塔が〇〇宮であり、日本国の代表者として据えた「雇われマダム」=天孫系天皇=青・黄カラスの親分=ビリケン広飲み屋の監視所が宮内庁ですね。

2013年には宮内庁の皇宮警察の本部庁舎として旧枢密院の庁舎が移築使用されるようになりましたが、この組織こそが倭国側から日本国及び皇族を監視する「番人」のトップではないかとオイラは密かに睨んでいる。
※枢密院…天皇の諮問機関。憲法問題も扱う「憲法の番人」

枢密院

黒龍会といえば、玄洋社の頭山満や内田洋平の子孫がネオ黒龍会を立ち上げていますね(2008年)。当時のように大陸での活動(孫文の亥革命支援..等)を展開するのかは分かりませんが、今度は「アジア主義」ではなくヨーロッパまで含めた「ユーラシア主義」を標榜。これと倭国影響力が及ぶ中共の掲げる「一帯一路」とは密接に関係があるのではないかとオイラは睨んでいますが、当然、欧州から東アジアまでの貿易ルートは天神系が握るという腹つもりなのでしょう。

今、思えば今回の出来事は、、、

不死鳥は自分の死期が近づくと薪を積み上げ燃え盛る火の中に飛び込んで、自らを焼き再び新たな不死鳥となって甦るという話しがありますが、まさにそんな感じ。この場合、愛車プレマシーが不死鳥ですね。

神話では、不死鳥もその前はバアル神であったという話があります。バアルが死にそれまでの欠点を克服して蘇ったのがフェニックスなのだと、、、この不死鳥(フェニックス)はその名の通りフェニキアに大いに関係があります。フェニキア人が祀ったのがバアル(二本角のバアル・ハモン)ですが、フェニキア人は地中海貿易を占有する「海の民」を構成する一員であり、アラドス(現アルワード島)、ティルス(現スール)、シドン、ビュブロス、ベリュトス(現ベイルート)の地で都市国家を築き、また有名なカルタゴはフェニキア人の海外植民都市でもあった。

このように地中海沿岸の地に拠点となる都市国家を転々と築いていき、バアルを崇め燃え盛る炎に生贄を捧げていた。この炎の儀式、転々と移住することがフェニックス神話の元になったのではないかとオイラは睨んでいる。

そして、このフェニキア人を裏からバアルで宗教支配していたのがウバイト。対立するギリシャやローマには反目するミトラを布教し、二元論的に地中海世界をコントロール。
※ウバイド…シュメールに先立って旧人類がメソホタミア南部で起こしたのがウバイト文化。その後に来たシュメール人に土地を譲り裏側に回った。メソポタミアから地中海にまで進出して「海の民」となったのが海洋系ウバイド。さらに北上したグループはイギリスに渡りケルト人となり、スカンジナビア半島に渡りヴァイキングになったともいう。この「海の民」にはハム系のフェニキア人も合流しているが、セム系のウバイド人がエジプト、ヒッタイトを滅ぼすことによって自立出来た為に合流したのだろう。また古ヘブライ文字とフェニキア文字が全く同じものであることから、ユダヤ人とは実はフェニキア人のことではないかともいわれる。

また、フェニキアにはギリシャ語で「紫」という意味がありますが、これは大量の巻き貝の鰓下腺から出る分泌物を集めて作った貝紫染料がフェニキアの特産物であったことに由来する。この貝紫は非常に高価だった為に王様や皇帝しか身に着けられない「禁色」であることから「ローヤルパープル」と呼ばれた。

天神系(客家 ウバイド)の藤原氏が独占した大和朝廷では紫色は親王・諸王および諸臣三位以上の者しか使えない「禁色」でしたが、藤原氏は欧州におけるこういった意味を知っていての採用でないかと睨んでいる。

つまり、オイラの紫色のプレマシーは三位以上、あるいは「王者の紫」「皇帝の紫」ということなのだす~(超爆)。

さてさて、このプレマシーを製造したマツダという会社は創業者・松田重次郎が元々はコルク屋から創業した東洋工業が旧社名。車のブランド名には自分の名に絡ませゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーにちなんで「MAZDA」と表記した話は有名ですね。まぁ、そんな理由からオイラはマツダファンになってしまったわけだすが、今は採用されなくなってしまった車名にデミオ(「私の」を意味)、アテンザ(「注目・配慮」を意味)..等がありましたが、プレマシーは「至上」「至高」意味する「SUPREMACY」から造語されている。

つまり、プレマシーはゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーを指し示している(ふふふふ)。

で、そのゾロアスター教とはザラスシュトラ(ゾロアスター、ツァラトゥストラ)がアフラ・マズダーのみを信仰の対象として創設した古代ペルシアを起源の地とする善悪二元論的な宗教。中国では「祆教」と呼ばれる。創始者が分かっている世界最古の宗教、あるいは世界最古の一神教なのですが、もともとは古代インドのヴァルナ神がネタ元。ヴァルナが西方に伝わったのがアフラ・マズダーなのです。古代インドではヴァルナ(アフラ族の長)、ミトラのニ神を祀っていましたが、ヴァルナは語源が「バアル・ルナ」であるように「月」を象徴し、一方、ミトラは太陽を象徴している。つまり、昼と夜の永遠の繰り返しのことを宗教的に二神として表現しているわけです。

そしてザラスシュトラがミトラ神を退け、アフラ・マズダーを最高神とする宗派を作った。これがゾロアスター教。一方、退けられたミトラ神(弥勒、マイトレーヤー)を奉じる一派は西方に伝わりミトラス教(ミトラ教)となっていった。ミトラス教には「牡牛を屠るミトラス神」というモチーフがありますが、これは「牛神」であるアフラ・マスダーを打ち負かすという暗喩で対立関係にあることを示しており、また「牛神」とはバアルのことでもあるのですが、遡ればニビルのアヌンナキである牛角の冠を被ったエンリルまで行きつく。

2つあるうちの一方をエコヒイキして祀り上げ、他方を排斥して対立化させる。これがウバイドが地中海でバアルvs.ミトラの対立する宗教で二元論に支配していた構図なのです。このような宗教的な対立構図(善神が他所では悪神とされる)はユーラシアの様々な隣接した地域で見られますが、これを煽ってコントロールし利益を貪っていたのがウバイト(客家=ペリシテ人=天神系)だったというわけです。

一方、このインドの神ヴァルナが東方に伝わり仏教に取り入られたのが水天であり、神道では「天之御中主神」と習合されている。神仏混淆時代には全国にある「水天宮」がこの両柱を祀っていました。水天は天部十二神のメンバーとして須弥山の西方守護を受け持ち、またその名の通り水を司る「水の神」であることから龍を支配するとされる。
※この東方への伝達もウバイトですwww

「黒龍使い」のオイラにはうれしい内容です(ふふふふ)

アフラ・マズダー=阿修羅=ヴァルナ=水天=天之御中主神

またゾロアスター教は拝火教としても有名ですね。

そういえば、最近、オイラが裏庭に建立したロケットストープは拝火教の祭壇に成り得る(笑)。炎を見ていると何も考えず、そのことだけに集中して無心になれる究極の癒しグッズ。

つけ火して 煙り喜ぶ 田舎者

こんな有名な川柳が頭に浮かんできましたが、洗濯物に煙の臭いにおいが付くので都会人は煙が嫌いなのです。しかしロケットストープは煙が出ないんです。煙道内で二次燃焼が起きる為にほとんど煙が出ません。ゴウゴウと勢いよくトケット噴射のような音をたてて燃焼することからロケットと命名されたストープであり、その辺に落ちている枯れ木や小枝を燃料に使えるネイチャーストーブの一種でもあるのです。

まことに都会人向きなストーブなのですが、唯一の弱点といえる弱点は「燃焼効率の高過ぎる」ことから燃料投入が世話しないwwww まぁ、ロケットストープは煮炊き出来る焼却炉というのが実態に近いですね。ただ震災時の非常用コンロとしては非常に優秀です。一家に一台あってもいいと思う。

で、オイラはこのロケットストーブをアフラ・マズダーの儀式用祭壇として作り上げていこうと考えた(爆)。

(さらに怒涛展開となった3につづく)
スポンサーサイト



コメント

コメント(1)
煩悩くぅ~ん🐥💨
あのな、煩悩くん(*μ_μ)♪
俺な、実は最近… アヌンナキの親の〈アヌ🧝〉だったのが判明したよ✨

だから、白人種にとっても彼等の先祖も他の惑星で地球🌎️と同じように、遺伝子弄って創ったから、少なくとも私は親神さまなんだけど… 地球🌎️で日本人の血脈に転生する経緯では、一度も優遇されてないね😑👎

これでは、幸せ🍀な日々は訪れる道理が無いね🙎💢
あっ❕❔🙄
それと、イラン🇮🇷vsアメリカ🗽危機みたいなの起きた時には、うちのゾロアスター教の印章石(拜火壇刻印)が活性化して、日本にある他の印章石も引き寄せてから、指輪に作って1日は両手の中指に差して寝て、続けて2日間はタクシー🚕の出勤日に着けてただけで、さっさと収束しちゃってニュースに上がらなくなったョ😗🙌

ホンとはね、日本丸ごととか地球🌎️自身をターゲットにして、宇宙から光✴️の柱を降ろして固定してしまえば済むこと、沢山あるし… 宇宙連合でも、師団長クラスなら誰でも可能だと思うけどね。

上からも何処からも、依頼も無いしモチベーションも上がらない😑😔

個人的には、もう充分いろいろ奉仕して(これで最後😣)と思って取り組んだミッションは、5回はやったから… 無知.無能.無関心 な人間ばかりなら、後は好きにしろ😔🙅 な気分なんだ。

プロフェッサー不比等(アメンホテプ3世/ラムセス2世

2020/04/30 18:15 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』絶賛発売中!(大嘘)

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク