フェザータッチ

いったいどうして、「口寄せの術(=安田式潜在能力を高める法)」が、あのような劇的な効果を生み出せたのでしょうか?今回は、その原理とメカニズムについて、考えてみようと思います。

「そんなもの、今まで散々言われていることじゃん。宇宙だよ、宇宙。」
「原理だ、メカニズムだ、何もそんなしち面倒なこと言ってないで、サッサとテクだけ覚えて、実行すりゃあいいじゃん。」

まさに、おっしゃる通りです(笑)。
でも、これはR.シュタイナーの『認識の小道』で言われている「思考作業の強化訓練」の一つとして、ヤッズ★が課しているワークの1つなので、考察しない訳にはいかないのです。


■身体は「反射器官」にすぎない
シュタイナーによると、「身体は反射器官で、事物を反射するだけ」であるとのことです。また、自我は、本当は地平線を越えて広がっており、目覚た状態では、自我の本質的な部分(以後、単に「自我」と記す)は身体の中に留まっているのだとも語っています。

ちょっと話が突飛し過ぎで、素直には信じられません(笑)。

でも、このことを示唆するような研究結果があります。以前の記事「脳の正体」で紹介した心理学の最新の研究成果がそれです。シュタイナーの言っていることと完全に一致しています。


■意識沈降の方向はどっち?
今度は、ヤッズ★の経験からの説明です。

就寝時に、体外離脱(=幽体離脱)を意図的に行うワークをしていた時のことです。ヤッズ★は始めの頃、瞑想のように意識の集中(コンセントレーション)をしていた為、逆に目が冴えてしまい朝まで眠れず、体外離脱どころではありませんでした(笑)。

このことをモンフリ師匠に相談すると、「意識を集中する方向」にではなく、「まどろみの中へ入っていく方向」、つまり「寝入ってしまう方向」に意識を誘導していかなければならないと、アドバイスして貰いました。実際に、その通りにしたところ、めでたくヤッズ★は体外離脱体験(=OBE)を達成できたのです。(約2ヶ月掛かりました)

この時の教訓は、意識の「集中」ではなく、意識を「分散・拡大化」することこそが、物質界以外の領域(集合的無意識、ネバーランド、幽界、アストラル界などといわれる高次の領域)と繋がる道であるということです。

ヤッズ★は、チャンネルを回す方向を間違えていたのです。

人間の身体はシュタイナーがいうように「反射器官」に過ぎないのなら、自我が身体の内に留まっている状態は、集合的無意識と断絶された状態であるといえます。逆に、自我が身体の外側に出ていく方向、つまり、意識を「拡散・拡大化」することは、集合的無意識にアクセスする為に必須のことだと思います。

自我が身体の外に向かって「拡散・分散化」していかず、集合的無意識と繋がらなければ、せっかくイメージングし視覚化した願望が、自分の想念内に留まったままとなります。

※注 瞑想の場合、マントラを唱える等で意識の集中化を通して、自己の内部に深く沈降していき、やがてワンネスに到着する【内へ内へ】という方向性です。それに対して、体外離脱や願望実現ワークは、意識を拡散・拡大化していき、【外へ外へ】という方向性なのです。

インターネットに接続していないスタンドアローンなPCは、いくらすばらしい画像を作成しても、その画像はPC内に留まっている為、誰も見てくれず、賞賛の声も聞けません。

願望実現ワークもこれと全く同じ構造ですね。

集合的無意識に接続し、あなたの願望イメージ画像(思念)をアップロードできなければ、誰もあなたの思念に共鳴できず、【出来事】というシンクロが生成されないのです。

従って、願望実現は不発に終わります。

20061001205857.jpg


■「口寄せの術」が効果の出た理由
安田隆さんは本の中で、手足のひらに意識を置き「脈動」を感じるこの技法は、深いトランス(=変性意識状態)をもたらし、体外離脱的な体験までもたらしてくれるスグレモノであると書かれています。

手足のひらは、言うまでもなく、身体の外殻部で頭から最も離れた箇所です。しかも、触覚神経が集中している場所でもあります。ですから、頭から遠く離れた場所にも関らず、意外と意識を設置しやすい場所というわけです。この感じやすいということは、足の裏をコチョグレばすぐに分かると思います(笑)。他の部分より非常に敏感ですよね。

「口寄せの術」は、両手両足のひらの4箇所に意識を分散化して置くことにより、自我の大半は頭を離れ、身体表層部全体に「分散・拡大化」します。やってみればわかると思いますが、ワークにかなり深く入った時には、身体の全体の表層部がピリピリしてくるのを感じると思います。この状態は集合的無意識に自我がちょっと顔を覗かせた状態といえます。

この状態は、PCで例えるなら、ネットワーク接続された状態です。
身体にも接続状態ランプがあれば、接続状態が明確に把握できて便利なんですけどね(笑)。

この自我が集合的無意識に顔を覗かせた状態というのは、あなたの無意識と集合的無意識が、深く密着し接続された状態なのです。このとき、願望想念が伝達されて他者想念と共鳴して【出来事】が生成され、シンクロという形で物質界にやってきます。そして願望実現へと動いていくのです。

例えば、願望を紙に書き炎で燃やすワークがありますが、炎に意識を集中させることで、自我を身体の外に少し出し、集合的無意識への接続状態を意図的に作っています。

また、願い事を紙に書く場合もそうです。
紙に願い事を書く行為自体が一種の自己催眠となり、意識が紙の上に置かれ、自我が身体から出て集合的無意識と接続状態となるのです。

ただ、上記2つはまだ意識の「集中化」である為、接続時の帯域が狭いナローバンドなのです。【内へ内へ】という方向性のため、帯域はどんどん細くなっていくのです。しかし、「口寄せの術」に代表されるような意識の「分散・拡大化」のワークは、接続帯域が広く、これは、まさに願望実現インプットのブロードバンド接続といえるのではないでしょうか?(笑)


■願望インプットはフェザータッチで
実は、上記の「口寄せの術」ワークをしている時、ヤッズ★は何も考えず、ただひたすらカウントダウンだけをしていました。視覚化やイメージングやアファメーション等の願望インプット作業は、一切行っていませんでした。強いて上げるならば、「lovemetal」の記事を読み、このワークはこんな効果が期待できるのかぁ程度がインプットでした。

マーフィー博士は、願望実現には「軽いタッチ(フェザータッチ)が重要」であるといいます。上記のインプットは、まさに、この軽いタッチではないでしょうか。

何故、フェザータッチが良いのでしょうか?

feathertouch.jpg

強い想念イメージは、願い事が独立化・明確化した状態、つまり物質的なイメージで自己内部に留まってしまいます。作られたイメージは、集合的無意識に接続してアップロードされないと、他者を巻き込むような【出来事】は生成されません。願望実現も【自己完結型】で終わってしまいます。

このことを、もう少し突っ込んで説明します。

意識を「集中」する方向は、イメージを濃縮化し「独立化・明確化」させます。視覚化されたイメージは、物質界にフォーカスします。

意識を「拡散・拡大化」する方向は、イメージを希薄化し「併合化・曖昧化」させます。視覚化されたイメージは、集合的無意識にフォーカスします。

フェザータッチとは、イメージを希薄化してインプットすることです。これにより「併合化・曖昧化」したイメージとなり、集合的無意識に伝達し易い形となるのです。または、一度、視覚化したイメージを羽で払い、より希薄化したイメージにしてみるのもいい方法かもしれません。

現実世界でも、ネットワークに画像をアップロードする際には、画像を圧縮したりして、ネットワークに載せる形式にしますよね。これと同じではないでしょうか?

つまり、フェザータッチは、イメージの変換プロトコルというわけです。

以前、幸せ天使さんから教えて頂いた「霊能力者の願望達成法」という技法では、「願望イメージをさっと消すのがコツ」といっていますが、この「さっと消す」という部分とフェザータッチは、何か共通するものがあるとは思いませんか?(笑)


■最後に
以上のように考察してきましたが、実は、ヤッズ★の今までのイメージングや視覚化は、すべて「集中化」の方向でやっていたのです(笑)。

しかし、今回の「口寄せの術」の驚愕の結果をみて、ヤッズ★は、今後の願望実現ワークの方法を少し変えてみようと思いました。これからは、【外へ外へ】というような意識を「分散・拡大化」する方向を取り入れてみようと思います。

※注 願望実現には感情を伴った視覚イメージングが大切であると言われています。では、この視覚イメージをどの階層世界に投影したらいいのでしょうか? アストラル界(幽界)は別名「感情の世界」とも言われているので、ここではないかとヤッズ★は睨んでいるのですが、どうでしょうか。この記事中では、アストラル界という言葉よりも馴染み易い「集合的無意識」という言葉を使っています。実際、ヤッズ★には用語定義や違いがまだよく分かっていません(笑)。この辺は今後の課題ですね。

スポンサーサイト



トラックバック

意識の集中と拡散

電気の月 14日★KIN18★白い倍音の鏡意識の集中と拡散、何やら小難しそうなタイトルですね。人間が感じる波動は幅広いレベルにわたっているそうで、例えば興奮しているときや日常生活を営んでいるときの脳波は振動数の高いガンマ波やベータ波。ゆっくりリラックスしている

コメント

コメント(6)
こんばんは!
どうも~、幸せ天使です。

ヤッズ★さん、体外離脱体験がおありなんですね!ざ・たっちの
「幽体離脱~」のネタみたいな感じでしょうか(笑)

無能唱元さんの本か何かで読んだのですが、禅の坐禅で意識を
内側に向けるのではなく、外側のあらゆるもの(物音や空気など)
に向けて、一体化するということをやると書いてありました。

私も何度かやってみましたが、確かに面白い感覚が得られました。
意識を外へ向けることで、全てを受け入れることができて、自我を
抑えることができるような気がします。そうすると願望実現の近道
になりそうですね。

幸せ天使

2006/10/03 22:50 URL 編集返信
幸せ天使さんへ
>ざ・たっちの「幽体離脱~」のネタみたいな感じでしょうか(笑)

そうです(笑)。
でも、別に皆さんいつも体験している夢の世界ですよ。
ただ、見ている自分の意識がより覚醒時に近いので
  ・自分の寝ているところから夢が始まる(だから、脱出が必要)
  ・夢だと自覚しているから、行動が主体的
  ・普通の夢よりもう少しリアル
といったぐらいの違いしかありません。
一度、体験したことある人は、ちょっと訓練すればすぐできるそうですよ。
(毎日、寝る時に「体脱するぞ!」というアファだけでOK←動機付け)

>禅の坐禅で意識を内側に向けるのではなく、外側のあらゆるもの(物音や空気など)に向けて、一体化するということ...

ヤッズ★は会社入社時の研修で2泊3日禅寺にいって座禅しましたが、半目をあけて前をボンヤリ眺めるんですね。でも、ヤッズ★はTM瞑想のマントラ唱えてましたけど... 幸せ天使さんのコメントで、たった今、座禅の何たるかに気づきました。座禅【外外】とTM瞑想【内内】は違うのだと!

>そうすると願望実現の近道になりそうですね。
座禅こそ究極の願望実現エクササイズになるかもしれない?

貴重な気づきありがとうございます。


ヤッズ★

2006/10/03 23:40 URL 編集返信
No subject
ヤッズ★さん、こんばんは!
今日の記事、最初はよくわからなかったのですが、お風呂に入ってボーッとしている時、ハッ!と思い出しました。(理論はまだ本当には理解できていません。何度もじっくり読んでみます)
たまに、ネガティブな予想が頭をよぎることがあり、そんな時は「ダメダメ!」とすぐに打ち消してしまいます。
そして、その後気分なおしにじーっくりと願望が実現した事を考えたりしていました。
そんな時は大体、一瞬で打ち消したことの方が実現するのです。
なので今度からは、一瞬よぎったネガティブことは引っ張り出してじっくり考えてみて実現させず、そうなってほしいことを一瞬で消すことを体得したいと思います。

はたらきざかり♪

2006/10/04 00:23 URL 編集返信
はたらきざさり♪さん
はたらきざかり♪さん、こんばんは!

>そんな時は大体、一瞬で打ち消したことの方が実現するのです。

コメントみてびっくり! 20ヘぇ並みのシンクロです(笑)

実は、さっき下アドレスのしんべいさんブログで、
コメントに似た内容を読んだばかりなのですよ。
(記事中のMASさんのコメントが、ズバリ、それでしょう!)

■じんべいの願望実現ブログ
http://ameblo.jp/jinbeh/entry-10016548446.html

ヤッズ★も、今後は、天邪鬼と言われようが、叶えたいことは「嫌や!」とハッキリ言い、サッと消す方向でいこうと思います。

ヤッズ★

2006/10/04 00:51 URL 編集返信
こんにちわ♪
私もさっそく「口寄せの術」をやってみました。昨日で2回目です。
朝から頭の中でリフレインしていたミスチルの「名もなき詩」が
突然ラジオから流れて来たり
たまたま見つけた面白いサイトを別のブロガーさんが取り上げてたりと
小さなシンクロが続いてるので何だかワクワクしてます。
何か素敵なことが起きたら一番に報告にきますね☆

エル

2006/10/04 10:43 URL 編集返信
エルさんへ
コメントありがとうございます。

>私もさっそく「口寄せの術」をやってみました。昨日で2回目です。
私のつたない記事でワークしていただけたなんて、感激です。

>小さなシンクロが続いてるので何だかワクワクしてます。
なにか、こう1つドでかいシンクロが、そろそろ欲しいところですね。

>何か素敵なことが起きたら一番に報告にきますね☆
お願いします。
きっと素敵なことが起きますよ。
楽しみに待ってます。

ヤッズ★

2006/10/05 00:08 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』絶賛発売中!(大嘘)

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ぼんのう

ブログ内検索

リンク