ハイアーセルフ(高次の自己)

よく「ハイアーセルフ(高次の自己)」という言葉を聞きますが、これはいったい何なのでしょうか?

ヤッズ★には、いまいちピンとこなかったのですが、今、読んでいるR・シュタイナー著『霊視と霊聴』に、この「高次の自己」のことが載っていましたので、少し引用したいと思います。

「私たちの周囲に生きている人々は、内面の核においては、わたしたちと分かちがたく一体をなしているのです。低次の自己に関しては、わたしと他人は別です。しかし、高次の自己に関しては、わたしは他者と離れていません。他者と一体なのです。わたしに高次の真理について語る人は『わたし自身』なのです。」

20060921005433.jpg

このことは、よくいわれていますよね。

ハイアーセルフは、自分でない自分、もっと大きな自分、内なる神、真我、魂のガイドとも呼ばれ、心理学用語では「集合的無意識」とか「フェアリー・ブレイン(爬虫類脳)」と表現されています。

「そして、この高次の自己のみが、超感覚的世界に上昇することが出来るのです。他者と自分という区別を完全になくさねばなりません。あの人はわたしより得をしている、というような感情を克服しなければなりません。」

ヤッズ★が少し前に書いた記事「邪視・邪眼」のことですね。
これを克服するのは、(ヤッズ★には)なかなか厳しいです(汗)。

「人は人、自分は自分」
「わが道を行く(Going My Way)」
「あっしには、関りのねぇことでござんす」というぐらいの気概が必要です。

「この感情のなかに生き、この感情が魂の細部にまで染み込み、利己主義が消えるように試みるのです。自分よりも進んでいる人を自分の自己のように見なすと、高次の精神生活に目覚めるために必要な条件のひとつを満たしたことになります。」

自分よりも進んでいる人を見つけるのは簡単ですが、同一視までできるようになるのは、かなり難しい作業です。

その人の成功を我がことのように喜ぶ。

おおっ、これぞまさにファン心理じゃないか。
なら、ヤッズ★は中国女優という手があるぞ!
でも、情報がなかなか掴めないのがネックです。

また、ハイアーセルフについて、倒錯した誤ったオカルト的な教えの誤謬について、シュタイナーは下記のように語っています。

「『高次の自己は人間のなかに生きている。内面に語らせさえすればよいのである。内面は最高の真理を開示するであろう。』という言葉が語られています。このような言葉ほど、一面では正しく、他面では不毛な言葉はほかににありません。自分の内面に語らせようと試みると、高次の自己が現れたと思われるとき、一般に低次の自己が語っているものなのです。」

う~む、ヤッズ★には、定時になると「早く帰って自己の研鑽に努めなさい。」と内面から湧き出てくる声にならない声、いわゆる「定時の自己」というものがありますが、これはやはり「低次の自己」だったのですね(笑)。

本当のような冗談はさておき、

「わたしたちは高次の自己を、はじめのうちは自分のなかに見出すことはできないのです。最初は、高次の自己を自分の外に探さねばなりません。進んだ人から、わたしたちは学ぶことができます。」

やはり、最初は師匠となる人を持つべきなのですね。
では、いったいどのような人から学べばいいのでしょうか?

「その人物が本当に尊敬に値する人物かどうかということよりも、内面から深い尊敬の感情を込めて見上げる、ということ(の方)が重要なのである。尊敬という意味深い感情がわたしたちを、わたしたちが見上げるものへと高めるのです。尊敬の感情は、わたしたちを超感覚的生命の領域に高める崇高な力、磁気的な力なのです。」

このようにすれば、最初はハイヤーセルフを認識できなくとも、やがては認識できるようになとのことです。ここまで書いていて気づいたのですが、この方法はパクティ・ヨガの技法と同じではないでしょうか?

つまり、霊的合一に到達するためには、感情としての愛ではなく、「献身」と「自己放棄としての愛」を実践することが、最も容易く、最も自然な方法であるというのがバクティ・ヨガですが、どこか共通していると思いませんか?

ということで、シュタイナーをこの方面のガイドとして奉じているヤッズ★は、「自分探し」ではなく、師匠となる「尊敬できる人物探し」から始めようと思います。


スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
こんにちわ☆
ハイアーセルフ、私も興味を持っていたんですが、シュタイナーさん(青文字の文章)に対するヤッズ★さんの翻訳(?)でやっと少し理解できた気がします。難しいですねー(←単なる勉強不足^^;)。定時の自己のところでは思わず爆笑してしまいました^^「師匠となる人物探し」ー私も身近にそんな方がいればいいなあと思います(切実)。来年の目標にしようかな。
そうそう、今週末あたりに腸洗浄してみようと思います。結果はまたご報告しますね☆

エル

2006/09/22 18:03 URL 編集返信
エルさん こんにちは
シュタイナーはとっても難解です。
この本に出てくる「高次の自己/低次の自己」と「高次の本性/低次の本性」を初めは同じ言葉だと思って読み進めてしまいました。本にマーカーしながら、前後を読み返していたときに気づいた程です。
通りでシュタイナー辞書が存在する筈です(笑)。

師匠となる人物探し、ヤッズ★は新月にお願いしました。
早く現れるといいです♪

〉そうそう、今週末あたりに腸洗浄してみようと思います。
2㍑の鼻水水ですか?それともカモウ式?
結果を楽しみに待っています!画像入りウプしてくださいね(笑)



ヤッズ★

2006/09/23 12:20 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』絶賛発売中!(大嘘)

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ぼんのう

ブログ内検索

リンク