洗腸実現

とうとう、やりましたアベ式洗腸療法。

今回は、「伯方の塩」と「南アルプス天然水」を使って、洗浄水を作りました。

それにしても、塩20gって多いですね。大さじ1.5杯です。成人1人摂取量が5gなので実にその4倍もあります。まあ、短時間の洗浄でほとんど吸収されないはずだから、問題はないのでしょう。でも塩辛そうです。塩をペットボトルの口から入れるのに難儀したので、先に計量カップに溶かしてから入れました。

で、何故、洗浄水に塩を入れるのでしょうか?

2㍑(=2000g)の洗浄水中に20gの塩が含まれるということは、塩分濃度は20/2000=1%です。

海水の塩分濃度は4%、人体の塩分濃度は海水とほぼ同じといわれていますが、実際は0.9%程度です。ちなみに、体が浮いてしまう死海の塩分濃度は25%もあります。

成る程、洗浄水を生体塩分濃度より少し高めにして、浸透圧(半透膜を通し、濃度の低い溶液から濃度の高い溶液に溶媒が移動するように働く圧力)を利用し、腸壁内の毒素の排出を促しているんですね。

導引術に鼻から鼻腔にかけて水を通すワークがありますが、その時、激痛が発生するのは、浸透圧で水分子が鼻腔の細胞内へ移動して細胞が膨張して痛みがでるからです。だから、痛みを和らげる場合には塩水を使うのですね。これは目薬も同じです。

で、実際、洗浄水を飲んだらどうなったか?

まず、味は非常にまずい。
誰かが「鼻水のような味がする」といったのを思い出しました。本当にビンゴです(笑)。

飲み始めてから2/3程度までは、なんとか飲めるのですが、残り1/3が本当にキツイ。
吐きそうになるは、気持ち悪くなるはで散々です。
それでも、グビリ、グビリと少しずつ、なんとか飲み完飲。

正直いって、「もう、2度と絶対やらないぞ!」と強く思いました。
こんなに苦しむのなら、お尻の*穴からの珈琲洗腸の方がよほどいい、と思った程です。

飲んだ直後から、排泄が始まると聞いていましたが、ヤッズ★の場合、1時間程度、お腹がキューゥ、キューゥと鳴ってばかりで、全く便意がありませんでした。

そして、急に「き、きた、きたーっ」とトイレに駆け込んだのですが、そこで起きたのは、自分のお尻が水道の蛇口になったかのように出るわ出るわ・・・・・まるでジェット噴射のように排泄するんです。体が推進力でそのまま空へ飛んでいってしまうぐらいスゴイ出力です(笑)。

これは排便というより、むしろ利尿といった表現が相応しいです。
風邪で下痢をした時に水便がでますが、あんなのは比じゃありません。

「か、快~感!」

これこそ、この洗腸療法の肝要、βエンドルフィンの出まくりの正体だったのです。

こんな状態を3度程繰り返して、洗腸を終了しました。

もともと腸内で固まりつつあった便を、溶かせて強制的に排泄させてしまうため、出てきた排泄物は、まるでイカ墨のブラック・スープのようです。

soups14_l.jpg

「こんなに黒いのは、見たことない!」

下痢の時の水便だって、焦げ茶色程度だっていうのに、何この黒さは?
きっと、腹黒いヤッズ★の積年の積もり積もった毒素が一気に排出されたのでしょう。

2度、3度と排泄するうちに、だんだん色は薄くなっていき、最後には、きれいな水が出て洗腸終了となります。

「なんか、腸が本当に綺麗になった気がする。フフフ」

「また、やりたくなった。ミルマグ1瓶で8回分やから、あと7回は出来る。ふふふ」

あの飲んでる最中の苦しみは、どこへやらです(笑)。

後は「美便」を待つばかり、明日がとっても楽しみです。

「飲用後の過ごし方」の中に、「頭を使わないようにする」という謎の注意がありましたが、これも洗腸をしてみて初めて、その深い意味が理解できました。

つまり、洗腸中に他所事を考えていると、便意のサインを見逃し大変なことになるということなのです。便意を催したら、待ったなしなのです(笑)。トイレの近くにいることは必須でしょう。

次回の洗腸時は、あの非常にまずい味の改善に重点をおき、ポカリスエットに少量の塩を追加してミルマグを添加する方法でチャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメント(11)
おなすさんのブログでと~っても気になってた洗腸、ヤッズ★さんの記事を読んでやっと決意が固まりました(笑。鼻水のような洗浄水に、イカ墨色のブツ…かなり興味が湧いてきます。今月中には何とかやってみます。味の改善、期待してますんでよろしくです♪あとヤッズ★さんのブログ、リンクさせていただけると嬉しいです^^

エル

2006/09/11 18:34 URL 編集返信
エルさん こんばんは
「ケツ」意が固まりましたか!お仲間ができ、嬉しい限りです。
是非、詳細な体験記、期待しておりま~す♪

味の方の改善ですが、ポカリにはカリウム、マグネシウムなど他物質が
沢山入っており、ミグマグと化学反応しないか一抹の不安はあります。
一度、混ぜてみて沈殿物が出来るかトライの予定です。
NGの場合は、粉末ジュースでも入れようかと考えています。

>リンクさせていただけると嬉しいです^^
こちらこそ、是非リンクさせてください。

ヤッズ★

2006/09/11 19:43 URL 編集返信
ヤッズ★さん、始めまして!!
まっきぃと申します^^
腸洗浄の記事、参考になりましたー!!
ありがとうございます♪

やっぱり塩水+マグネシウムは激マズなのですね。。
しかも、は、はなみずの味っ。。。(汗)
どうしよう・・・鼻水は2リットルも飲めましぇん(T T)

でも、宿便出てスカーッっとした気分は伝わってきました!!
なので、ガンバリマスッ☆

まっきぃ

2006/09/11 23:43 URL 編集返信
まっきぃさん ご訪問感謝いたします
こちらこそ はじめまして

>どうしよう・・・鼻水は2リットルも飲めましぇん(T T)

そうなんです。飲んでる最中は地獄の苦しみです(ふふふ)。
でも、こんな時こそ「ありがとう、ありがとう」って言いながら飲むのです(笑)。

イスラエルのおばあちゃんが言っていた。
「つらい時こそ、ありがとう」

まさに、一石二鳥です♪

ヤッズ★は次回の洗腸は、33個の結び目の金紐の中に座り、
「ありがとう」って言いながら、鼻水水飲むことにしましたよ。

これからも宜しくお願します。

ヤッズ★

2006/09/12 21:20 URL 編集返信
今日は洗腸お休み
ヤッズ★さん

ヤッズ★さんのきめ細やかなリポートに、ふだん”穴から”洗腸のHippiの心がぐらぐらと揺れ動かされました。

イカ墨ブラックスープを体験したいと心から思いました。
今のところ、穴から・・・ではイカ墨は体験できなかったからです。

しかしながら、Hippiは腸もさることながら、胃もご多分に漏れず弱いらしく、
しかもまずい液を胃へ運ぶのが不安(ご免)です。

胃を通過するか、腸へダイレクトで通過するか。

一度(二度あるかどうかは・・・)はアベ式を試してみるのも、好奇心としてええじゃないかと思いました♪

Hippi

2006/09/12 22:37 URL 編集返信
私もきっといつかやります。それも近いうちに。
この爽快感を味わってみたいです。

腸の浄化って脳に与える影響が大きいらしいです。
よい体験談をありがとうございました。

それからリンクも!
わたしは早々とヤッズさんのブログを先に勝手にリンク
していましたよ^^

えへへ~。



ももちん

2006/09/13 02:56 URL 編集返信
Hippiさん ありがとうございます
ヤッズ★が、ブラック・スープだったのは、
冷静に考えると前日に食べた大将の餃子が原因だったかもしれません。
(あるいはヤッズ★の腹黒さの一部が溶けでた。)

それまでは、惚れ惚れする「美便」だったのですが、
洗腸したら便器内が真っ黒になったので、
ホントその時は、「何じゃこりゃーっ」って心の中で叫びましたよ。

本当は実物写真を掲載して、皆で感動を分かち合いたいのですが(笑)、
その時はこのブログが終わる時なので、もう少し先にさせてください。


ヤッズ★

2006/09/14 00:15 URL 編集返信
ももちんさん ありがとうございます
ジェット噴射のごとき排便というか利尿は、そりゃもう感動ものです(笑)。

いかに、噴射力を高めるか?
腹の力の入れ具合をいろいろ試してみるのも、乙なものです。

>わたしは早々とヤッズさんのブログを先に勝手にリンクしていましたよ^^
ブログ表紙では見えないタイプなのですね、見てみたら、載ってました。(感動~)

ヤッズ★

2006/09/14 00:21 URL 編集返信
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2008/09/10 21:59 編集返信
洗腸
洗腸いいですね。
でも、僕は濃いグリセリンでの浣腸が大好きです。
毎日のように姉から浣腸されて
長時間の我慢をさせられる喜びが最高です。

篠澤孝介

2010/08/04 00:26 URL 編集返信
篠澤孝介さ~ん♪
コメントとありがとうございます!

>毎日のように姉から浣腸されて
長時間の我慢をさせられる喜びが最高です。

いいお姉さんですね~♪
これ血の繋がらないボンテージスタイルのお姉さんだったら最高ですね(爆)

ヤッズ★

2010/08/07 00:52 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ヤッズ★

  • Author:ヤッズ★
  • ヤッズ★(八頭)です♪
    『恋のフェロモン・ボンバー』絶賛発売中!(大嘘)

    ちなみにリンクフリーです♪

    (このブログについて)

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ぼんのう

ブログ内検索

リンク